ウチのコにあげたいドックフードはコレ!ドックフード比較.JP
ホーム コラム 犬が吐く、その原因と対処方法は?
犬吐く

犬が吐く、その原因と対処方法は?

愛犬が吐いてしまったとき、とても不安になりますよね。
今回は犬が吐いてしまう原因とその場合の対処法についてご紹介します。

犬が吐くのはよくあること

犬は四足歩行なので胃が横向きになっていることもあり、もともと人間より吐きやすいといわれます。

吐く原因はさまざまですが、食べ過ぎや飲み過ぎ、空腹、拾い食いなど単純な理由や、環境の変化などによるストレスなどで吐いてしまうこともあれば、重大な病気の症状である場合もあります。嘔吐した後も、元気に過ごしていればさほど問題はありませんが、嘔吐した後元気がなくなってしまったり、慢性的に嘔吐を繰り返したりする場合には、1度病院を受診した方が良いでしょう。

吐く前兆行動について

嘔吐の場合は、前兆として、落ち着きがなくなり舌をペロペロさせていたり、お腹を膨らませたりへこませたりしながらえずく行為がみられます。仰向けや横を向いてえずく場合は、誤飲を防ぐためうつ伏せにしてあげましょう。
吐出の場合は、直前によく咳き込んだり、よだれの量が多くなったりする症状がみられます。

吐く原因とは

犬が嘔吐してしまった場合、他に下痢などの症状がなく、元気で食欲もあれば、さほど心配することではなく一過性のものである可能性が高いでしょう。嘔吐後は、絶食と絶飲で様子を見ることが基本の対応となります。
しかし、苦しみながら嘔吐してしまったり、吐こうとしてもなかなか吐けないなどの場合、また血便や下痢を伴う場合、痙攣しながら吐いてしまう場合などは、感染症や胃腸炎、中毒症状などが考えられるため、早急に病院を受診しましょう。また、胃の蠕動運動障害が起こりやすいことも犬が吐く原因のひとつですが、この場合は主に胃捻転や胃拡張などの病気が考えられ、やはり病院での治療が必要です。

吐き方

犬が吐く場合は大きく2つに分かれます。

吐出

吐出とは、食べ物が胃に入る前に吐き出されることです。なんの前触れもなく起こったり、強く飛ばすように吐いたりするのが特徴です。吐いたものは消化されていないため、原因は喉や食道にあるといえます。また、吐いたものををもう1度食べてしまうことがあります。

嘔吐

嘔吐とは、胃の内容物が食道を経て口から吐き出されることです。そのため、吐いたものがある程度消化されているのが特徴です。嘔吐の場合は、気持ち悪そうにしたり、舌なめずりをし、そしてお腹を上下させるしぐさなどを見せて、下に向けて吐き出します。食べたものが一旦胃や小腸まで届いているので、原因は胃や腸などの消化器官トラブル、腎臓や肝臓の病気などが考えられます。

また、異物や毒物を吐き出す生体の防御反応ともいえます。嘔吐の場合は、吐いたものをもう1度食べることはしません。

問題ない吐き方の原因

食べ過ぎ

元気で食欲もあり、熱や下痢などの症状がないにもかかわらず嘔吐した場合に考えられる原因のひとつに、食べ過ぎがあります。嘔吐の後は、家庭内でしっかり経過を観察しながら、絶食と絶飲を行ない、食事を再開する際には消化の良い物を少量ずつ与えていきます。1回の食事は量を与えすぎないようにし、ゆっくり食事させることで、食べ過ぎによる嘔吐を予防してあげるようにしましょう。

空腹

夜間の空腹が原因で起こる逆流性胃炎(胆汁嘔吐症候群)は、胆汁を含む十二指腸液が胃の中へ逆流してしまい、胃粘膜を刺激することによって引き起こされます。早朝に黄色い液や白い泡を吐き、ほかに症状はなく元気で食欲もある場合は、逆流生以遠である可能性があります。頻繁に起こってしまう場合は、空腹時間を短くするために寝る前に食事を摂るなどすると症状がなくなるケースが多いようです。

不安感

環境の変化などのストレスや不安感によって、下痢や嘔吐をすることがあります。引越し、来客時、留守番時、トリミング後、雷や花火など恐怖を感じるときなどは要注意です。1日2日で良くなる場合がほとんどで、大きな心配ありませんが、それをきっかけに腸内細菌が乱れてしまい、慢性経過をとる可能性もあります。飼い主は、愛犬のストレスや不安はできるだけ早く取り除いてあげられるように気を配りましょう。

乗り物酔い

犬も乗り物酔いをする場合があります。成長期に見られることが多く、人間と同様に、大人になったら自然と症状が改善されることが多いでしょう。予防法として、満腹時や過度の空腹時には乗せないようにすること、乘る1時間前までに酔い止めの薬を飲んでおくことなどを意識すると良いです。車に乗るとパニックを起こしたり、過剰に興奮したりする犬もいるので、愛犬の性格や症状によって病院に相談しながら対応していきましょう。

散歩中に雑草を食べてしまった

散歩中に雑草などを食べてしまい、嘔吐することは多くの犬でみられます。とくに、雑草の中でも細長い特定の草を好んで食べてしまうようです。犬が雑草を食べてしまうはっきりとした原因は不明ですが、胸やけがするため、繊維質を摂取するため、特別な栄養素を摂取しようとしているためなど、さまざま見解はあるようです。しかし、雑草が胃炎の原因となったり、農薬や犬猫のふん尿に汚染されている可能性のあるので、極力食べないように気をつけてあげたほうが良いでしょう。

問題のある吐き方の原因

下痢や熱も出ているとき

下痢や熱を伴う場合は、消化器系の病気が疑われます。さらに、食欲不振や体重減少などがみられる場合は、早急に病院を受診しましょう。仔犬や高齢犬の場合は重篤になる場合もあるのでとくに注意が必要です。また、犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス性腸炎など感染症の可能性もありますが、これらはワクチン接種によって防ぐことができます。

吐いたものに血が混じっているもの

吐いたものに血が混ざっている場合は、急性胃炎、胃潰瘍、腸閉塞などの胃腸の病気が考えられます。また、胃がんや食道がんなど消化器官のいずれかにがんや腫瘍が発生している可能性もあります。突然の大量吐血や持続的な吐血が起こる場合は要注意です。いずれの場合もすぐに病院で検査しましょう。病院を受診する際は、嘔吐物を持参することができるとなお良いです。

嘔吐が止まらず、繰り返し吐いてしまうとき

1日に何度も嘔吐を繰り返す場合は、異物を誤って飲んでしまったことや、アレルギー、寄生虫や病気などが考えられます。すぐに病院を受信したほうが良いケースが多いです。受診する際は、吐く前に何を食べたか、どんな物を吐いたかなど、状況をできるだけ詳しく伝えましょう。

吐いた後、ずっとぐったりしているとき

嘔吐後に元気がなくなりぐったりしている場合は、なんらかの病気の可能性が高いといえます。さらに食欲もない場合は、感染症、内臓や消化器官の炎症、子宮蓄膿症、腎臓病や膀胱炎、重い熱中症などの深刻な病気が考えられるため、早急に病院を受診します。元気はないけど食欲はあるという場合には、風邪気味、軽い熱中症や夏バテ、病気の初期症状などが考えられ、緊急性はないかもしれませんが、他に体の異変がないかなどよく観察した上で、心配な場合は自己判断せずに病院へ行きましょう。

吐いてしまったときの対処法

薬品などの誤飲時

タバコや除草剤などを口にしてしまった場合は、たとえ少量でも激しい中毒症状を起こしてしまうことがあります。

嘔吐や下痢、痙攣、呼吸困難、血尿血便、幻覚症状などの症状があらわれ、時間の経過とともに症状は重くなっていきます。誤飲したタバコや危険薬物を取り除かずに長時間放置すると死に至ることもあります。また、見た目にさほど異常がなくても、体内で中毒症状がどんどん進行している場合もあります。

犬がタバコや除草剤などの薬品を誤飲してしまった場合には、たとえ症状が出ていなくても早急に病院を受診します。自己判断の対応方法はかえって症状を悪化させる場合もあるのでやめましょう。とくにタバコを誤飲してしまった場合に水を飲ませることは絶対にしないでください。ニコチンは水に溶けると体内に吸収されるスピードが上昇するため大変危険です。

異物などの誤飲時

犬は拾い食いをしてしまうことがよくあります。
とくに散歩中など外の場合は、犬が咳き込んでいたりよだれの量が増えたときは、異物がのどの付近に詰まってしまった可能性があります。詰まっている異物が消化できるものでだとわかっている場合には、少しずつ水を飲ませて解消する方法もあります。
また、紐状のものが詰まった場合には、紐が絡まったり異物が胃や腸の中にとどまってしまうと大変なので、飼い主の判断で無理に吐かせようとしないようにしましょう。

それ以外の場合は、頭を下にしてぶら下げるようにして背中を叩いてみます。舌の色の状態が悪い場合は気管に入っている可能性もあり、窒息の恐れがあるので緊急事態です。病院へ急行しましょう。

まとめ

病気以外での犬の嘔吐は、飼い主の対応で防ぐこともできます。食事の量を調節したり、食後に激しい運動をしないように気をつけるようにしましょう。
また、愛犬の過ごす環境を整え、誤飲の危険性があるものやタバコや殺虫剤などの薬物、ネギ類やチョコレートなど犬にとっての中毒性物質をきちんと把握して遠ざけておくことも大切です。
愛犬とは日頃からスキンシップをとって良く観察し、健康に問題のない嘔吐なのか、病気の始まりの嘔吐なのかをしっかり見分けることができれば、病気の早期発見にもつながります。嘔吐の原因や危険度の見極め方、嘔吐に伴う特別な症状を知って、慌てず適切に対処するようにしましょう。

おすすめの高品質ドックフード

11
16
15

モグワン

3,960
(定期購入:3,168円)

内容量:1.8kg | 原産国:イギリス

21
14
21

Drケアワン

3,000
(定期購入:1,980円)

内容量:800g | 原産国:日本

13
17
12

カナガン

3,960
(定期購入:3,168円)

内容量:2kg | 原産国:イギリス

ドックフード一覧へ

全25商品から詳しく検索

       

ドッグフードのコラム

   

TOPに戻る