ウチのコにあげたいドックフードはコレ!ドックフード比較.JP
ホーム コラム 成犬へのしつけってどうすればいいの?

成犬へのしつけってどうすればいいの?

そもそも、しつけって何?

「しつけ」とは簡単に言えば、人間と一緒に生活するためのルールを守ることをお願いする。ということです。人間が勝手に決めたルールに付き合ってもらうのですから、ここでの表現としては「お願いする」というのが正しい表現かと思います。
当然、この「お願い」は、生まれたばかりの仔犬に対して行うのと、すでに習慣が身についてしまった成犬に行うのは大きな差があります。

実際にどんなことをすればいいの?

まずはここから!犬との「信頼関係」です。

人間でも言うことが毎日バラバラで一貫性がない人の言うことは聞きたくないですよね?まずは犬に対して誠実で一貫性のある態度を見せましょう。

アイコンタクト!本当に大事です。

あらゆるしつけに関係してきますが、このアイコンタクトは犬との信頼関係がないと難しいことです。まずは名前を呼んで犬が飼い主を見てくれるようになると第一歩ですね。目が合うようになれば大げさに褒めてあげることも大事です。犬にとって自分の名前を呼ばれることが自分にとっていいことがあると思ってもらうのです。

散歩のとき!結構難しいです。

散歩は犬にとって、未知の興味がたくさんあるため、本当に難しいです。
人間の目では気が付かないものでも刺激として受け取って、気が散って仕方ないはずです。拾い食いなどをさせないなど、飼い主も気をつけてくださいね。

犬が興味を引かれて、グイグイ歩いてしまうときは、どしっと構えて、微動だにせず、飼い主のペースに合わせることを覚えさせましょう。犬が力を抜いたタイミングでスっと歩き始めるなど工夫が必要です。

普段の生活では!変化をつけて。

人間とのルール上、よくないことには低い声で叱ったり、褒めるときは高い声で大げさに褒めるとよいですね。
怒るときは、まさに悪いことをしているときだけにします。逆に褒めるときに「おやつ」をあげるなど嬉しい報酬を与えることも効果的です。
これらを何度も繰り返し行うことで「このときは怒られている」「このときは褒められている」ということを理解させましょう。

体罰は絶対だめ!よく理解してください。

人間と一緒です。簡単に理解してもらえず思わず手を出したくなってしまうことがあるでしょう。でも、これはダメです。
正しい人間のルールを教えたいのに人間にしてはいけないことを行うのはNGです。

これは逆効果になってしまうので、飼い主は信頼できる人間だと安心させてあげましょう。

「待て!」を覚えさせて。

良いことをしたら「おやつ」を与えると効果的と書きましたが、「待て!」を覚えさせる時にも非常に効果的です。

犬は食べ物を認識したときにすぐに食べたくなるものです。それを飼い主が立ったまま「待て!」を指示します。犬がこれに従えるようだったら褒めてあげておやつを与えてあげましょう。犬と飼い主の信頼関係を築きながら少しずつ長い時間我慢できるようにしていきましょう。

最後に!

やっぱり成犬なるまでに覚えて悪い習慣を直すのは簡単ではありません。ここはプロにお願いすることも一つの手段としてお伝えしておきます。

当然、プロにしつけを覚えさせてもらうことが重要ではなく、飼い主との信頼関係を築くことです。
あくまでアドバイスや手助けをしてもらうことが目的ですので根本的な目的を忘れないようにしてくださいね。

全25商品から詳しく検索

ドッグフードのコラム

TOPに戻る